三回留年した無気力大学生ですら三日間で「行動」し始めた二つの手法

 

こんにちは、フジタです。

 

今回は

 

「ほぼ無気力になった人ですら行動できるようになる強力な手法」

 

についてお話します。

 

 

 

ぼくの友人に中村という奴がいます。大学時代の友人です。

 

 

彼はぼくと同い年なのですが、いまだ大学生をやっています。

 

 

同じ学年だったのにも関わらず、

彼はちょっとサボりすぎて三年生に上がれなかったのです。

 

 

残念なことに。

 

 

しかし、次はテスト自体はなんとかなったのですが、

なんと課題の提出ミスで留年。

 

その後彼は「頑張ってもどうせうまくいかない」とふてくされ、

勉強する努力をぱったり辞めました。

(いわゆる学習性無力感というやつ)

 

今までほとんどなかった自信すら、消えてしまったようです。

 

 

その結果、次も留年。

 

 

なんと三回も留年してしまったのです。

 

 

中村は努力をしたくないようですが、

さすがに4回目の留年は避けたいようで、

どうにかしたいと考えて相談を持ち掛けてきました。

 

 

テストを合格したいと。

 

 

努力しているのに、何故できないのか、と。

 

まあでも、彼は努力していたと言いますが、

それは周囲からみたら圧倒的に足りない量です。

 

だって、講義中にパズドラしたり、モンストしたり、

課題を放っておいて深夜までオンラインゲームに熱中したり、

一週間に30作以上のアニメを見たり、風俗店に通ったり(笑)

 

こういうことしてるんですよ?笑

 

 

そういう感じしか努力をしていませんでしたが、

行動マネジメントをしていなかったので、仕方ないです。

 

 

当たり前です。

 

 

 

だってぼくら人間は

 

「快楽や得を追い求める」

 

生き物です。

 

そうですよね?

 

もし、「勉強して、一秒でも早く昇進する」という目標があっても、

めちゃくちゃ好みの女の子にデート誘われたら行きますよね?

 

「勉強は明日でもできるから…… 」と言う風に。

 

普通はそうです。

そーいうものなんです。

 

 

逆にぼくら人間は

 

「不快な物や損からは全力で逃げる」

 

性質もありますよね。

 

 

勉強とか、努力とかってめんどくさいですよね。不快です。

 

 

実は、ぼくら人間の「脳」や「本能」というのは、

サルやライオン、犬や猫と全く同じです。

 

獣は戦う必要があれば戦うけど、

未来の戦いに備えようとはしません。

 

 

犬や猫が、「飼い主がいなくなっても困らないように」とか言って

勉強したり、トレーニングしたりしませんよね?

 

ぼくら人間は、「意識」でそれを強制することはできますが、

そのままにしておくと、こういう本能が働きます。

 

 

つまり、「行動」を怠りまくってどんどんダメになり、

最終的にぼくの友人、中村のようになります。

 

昔のぼくも同じようなものでしたが……(笑) 
(昔のフジタについてはこちらのプロフィールをみてください)

 

現代社会では特に人はサボりがちです。

 

 

だって、頑張らなくてもご飯食べれますし。

 

 

 

快楽だけ追い求めていて能力が付くならよいのですが、

多くの場合はそういうことは少ないのです。

 

 

でも、好きな物をやる過程ですら、

地道な訓練という面倒くさいことはつきものですよね。

 

 

中村の場合もそうです。

 

彼は元々努力するのが非常に嫌いです。

  

だからこそ、彼が欲しがっていたのは、ちょっとやっただけで

テストの成績が上がる魔法の方法でした。

 

もちろん、そんなものはありません。 

不正行為以外には(笑)

 

 

じゃあどうするかというと、地道な努力しかないわけです。

 

でもそれはまあ、かなりキツイですよね。 

ぼくも「根性ナシ」仲間としては非常にわかります。

 

でも「行動マネジメント」は人の心理を利用する方法です。

 

努力を圧倒的に楽にさせることができます。

 

そういう意味では魔法ですね。

 

 

 

ということで、今回も「行動マネジメント」を利用して、

彼の勉強量を圧倒的に増やしてもらいました。

 

 

実際には、

 

「テスト勉強を一時間したら、ご褒美としてアニメを一本見ていい事にしよう」

 

「1講義をきちんと聞いたら、パズドラをやっていい」

 

「逆に、一日に決めた勉強量ができなかったら、今日はオンラインゲーム禁止」

 

 

 と、言いました。 

 

 

凄くシンプルですよね?

 

いいことをしたら、自分にご褒美を与える。

悪いことをしたら、自分に罰を与える。

 

 

これだけです。

 

 

しかし、人間という生き物は結構単純なもので、

これだけでも行動できるようになります。

 

 

 

こうすることで、

 

「やるべきだけど、やりたくない行動」

 

「気持ち良いもの」と中村の脳に刷り込ませます。

 

 

「気持ち良いもの」って何度もやりたくなりますよね?

字面だと意味深ですがそういう意味じゃないですよ(笑) 

 

例えばデートとか、遊びとか、ゲームとか……。

 

 

だから、ご褒美を自ら作り出すことで、やるべきことを

「気持ち良いもの」と脳に教え込むのです。

→参考:ポイントカードに操られてみよう

 

逆に、

 

「やるべきでないものだけど、やりたい行動」

 

罰を与えて「不快な物」という風に脳に刷り込ませます。

 

 

彼の場合、勉強をさぼるという行動を

取った場合、罰を与えるのです。

 

 

これは、初日はあまり効果が出ませんが……

続けていくと驚くほど効果的です。

 

 

ぼくも最初は中村をサポートしなければなりませんでしたが、

 

三日たったところもうほとんど勉強を続けることができるようになりました。

 

結果、彼は次のテスト全て合格。

 

成績は最高のSとはいかずとも、

ほとんどがAという驚異的な結果になりました。

 

中村にも自信が出来たようで、

 

「もう絶対に留年はしねーわ、余裕」

 

という言葉を貰えました。

 

 

過信しすぎてまた勉強サボりそうな

一抹の不安はありますがおそらく大丈夫でしょう(そう思いたい)。

 

 

この方法はとても簡単です。

 

 

「ご褒美と罰を設定するだけ」

ですから。

 

ただできるだけご褒美と罰は迅速に与えてください。

 

それによって、「脳」はそれによって

気持ちよさと不快感が生まれたことがわかります。 

 

あと、もちろん目標は高くしすぎないでくださいね。

 

 

中村の場合は

 

「一日に決めた勉強量をやらなければオンラインゲームができない」

 

というものでしたが、

 

この勉強量というのは最初2時間でした。

 

 

できるようになってから、段々と伸ばしていきました。

 

 

ゼッタイにできない目標をやって罰ばかり与えられてたら、

100%続かないですからね(笑)

 

 

ちなみに、

ご褒美は継続して自分に与えられるものにしてください。

 

 

例えば、お菓子を食べていいだとか。

漫画を読むだとか。

彼女にLINEするとか(ぼくは今いないのでできません……)。

 

 

車を買うとかそういう大きい物にすると、

自分に与えられないので続けられなくなります(笑)

 

ちなみにポイントカードやグラフにして、

自分の頑張りを目で見えるようにするというものいい手です。

 

こうすると、「頑張ったこと」自体の「達成感」がご褒美になります。

→参考:ポイントカードに操られてみる!?

 

 

この方法は、中村のような自信も、やる気も、

根性も、能力もない奴ですらできる方法です。

 

 

このブログを読んでいる人は中村と違って

上昇志向がある人ですから、多くの人は

彼よりもカンタンにできると思います。

 

 それでも、もちろん効果はあります。

 

 

これは心理学でいう「古典的条件付け」というものです。

エイリアンでなく、人間であれば、誰にでも効果がある方法です。

 

 

 

「でも、女みたいでいやだ」

 

という意見もありました。

 

たしかに、女の人は「頑張ったご褒美♡」

と言ってスイーツとか食べたりするのをSNSで見ますね(笑)

 

でも、そう思ったあなたは素晴らしい才能を秘めています。

 

ぼくは、

 

「行動マネジメント」は女性に学べ! 

 

と思っています。

 

 

何故なら、女性は「本能的」に

「行動マネジメント」をしているからです。

 

 

女性はそもそも「行動力」を司る「前頭葉」の機能が男に比べてかなり強い。

だからこそ、彼女らは「直感的」に「行動マネジメント」をしているのです。

 

思い返してみるとそうだと思います。

 

女性というのは、子供のころから真面目に勉強しますし、計画性もある。

貯金をできるのも男性より女性ですよね?

 

 

だから、「女みたい」と思ったあなたは素晴らしいです。

女性から「行動マネジメント」を盗みまくることができますから。

 

そうしたら、あなたの「行動力」は上がり、

周囲とは比較にならない成果を出せるようになるでしょう……。

 

もし「女みたいでいやだ」と思ったのなら、

自分の才能を評価した方がいいです。

 

ただ、その嫌悪感で実行しないのは辞めて欲しいです。

 

もったいない。

 

これをやりさえすれば、今まで出来なかった行動を始められるし、

定着することもできるんですから。

 

 

メリットの方がめちゃくちゃデカいですよね?

 

というか、そもそもご褒美を「スイーツ」にせず

「ゲーム」とかにすれば女っぽくないですしね。

 

 

だから、めちゃくちゃ効果がある方法なので、

ゼッタイやってみてくださいね。

 

 

では、今日はこのへんで。

 

 

  

もし記事が面白ければ下のバナーをクリックしてくれるととても喜びます!!

 

     
セルフコントロール ブログランキングへ     

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

あらゆる成功の器――「行動力」を付ける「科学的」な方法。
たったの20日で「行動力」が付く「無料」オンライン講座

「やる気が出ない」「自信が欲しい」「仕事を効率化したい」……。

でも中々うまくいかない。

周りの人は「努力が足りない」「頑張れよ」ということばかり。 努力はすでにしてるのに……。

彼らが言う、「根性論」で「行動力」はほとんどつきません。

じゃあどうするか?  あなたの体の流れや働きをそのまま利用してやればいいんです!

人間の「心理」「体」「脳」に基づいた方法で、
あなたのやる気を引き出し、周囲の人がうらやむ「行動力」をつけませんか?

今なら無料です。

2 件のコメント

  • いつも読ませて頂いております。
    初めてのコメントで少し緊張します…。

    質問がございます。

    行動コンサルタントとは具体的にどのようなお仕事をされるのでしょうか?

    フジタさんの意欲が伝わり、私も同じように人々の力になりたいと思えてきました。

    ぜひお手伝いをさせて下さい。

    よろしくお願い致します。

    • いつも読んでくれてありがとうございます! うれしいです。

       

      行動管理コンサルタントでやっていることとしては、行動力についての「悩み」や「ニーズ」についての相談役ですね。

       

      まずどういう悩みがあるのか聞いて、それについての解決策を提供すると言った感じですね。

       

      例えば「やる気がでない」という悩みであれば「やる気についての脳の仕組」やそれを踏まえた解決方法を教えています。

      「行動の質」に大きく関わる「集中力の悩み」であれば以前の例であれば、「嫁と子供」が隣の部屋でうるさくて集中できない。

      というものがありました。家で仕事する人なんですが、そこまでお金もないから仕事場を借りるわけにもいかないと。

       

      そうしたら、時間帯をずらすとか、子供を遊びに行かせる、幼稚園などに行かせる、とか。

       

      あとお手軽なのは「ノイズキャンセリングイヤホン」を使うとかいいですね。

      かなり無音になるので。

       

      そういうことの知識をシェアしていますね。

       

       

      で、今は基本的にこういう情報発信や

      Twitterのダイレクトメール、やメールで解決するという活動をしてます。

       

       

       

      人の力になりたい、と思ってくれたこと、とてもうれしいです。

      ありがとうございます!

       

      お手伝いまで言ってくれると感動です(笑)

      よければ感想、もっと聞きたいこと、疑問、改善点などを教えてくれたりするととても助かります。

       

      言いにくければTwitterからでも大丈夫です。

      Twitterはこちら:https://twitter.com/shunsuke4fujita?ref_src=twsrc%5Etfw

       

      今後ともよろしくお願いしますね。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。