すぐやる!ダラダラ癖を消し去り行動する技術

 

勉強する時、仕事をする時、
トレーニングをする時、
どうしてもダラダラしてしまいませんか?

 

 

新しいこと、面倒くさい事をやる前って
どうしてもそうなってしまいがちですよね。

 

今回は、その余計な時間をあなたの得になる時間に変える方法をシェアします。

 

実は、結構ダラダラしてる時間っていうのは馬鹿になりません。

 

二分くらいダラダラするのが一日何回もあるはずです。
それが積み重なって結局は2時間くらいになる(笑)

 

実際に、科学的な研究によれば、

 

人間は起きている時間の1/3~1/4は
先延ばしによって無駄にしています。

 

睡眠時間を8時間として(健康的ですね)起きている時間は16時間ですよね。

 

この計算だと、毎日4~5.3時間ほど無駄にしていることになります。

 

デカいですよね、これ。

ちなみに、アメリカはこの計算によって、
毎年「12兆6412億ドル」ほど損失が出ているそうです。

 

 

つまり1200兆円です。ヤバイ額ですよね(笑)

 

 

でも今回の方法をやれば、時間を無駄にせず、
パッと取り組めるようになります。

 

 

これをやれば、あなたの能力が上がりますから、生産性は高まります。

 

 

すぐに始められるので、筋トレだろうと、
勉強だろうと、仕事だろうと、かなり結果を出しやすくなります。

 

周りからはパッと行動するので、精力的な人間に見えるでしょう。

 

じゃあその方法とは何か? というと、

 

「締め切り」

 

を自分で作る事です。

 

 

人のモチベーションには色んな要素がかかわっています。

 

中でも「締め切り」というものは結構強い力を持っているんですね。

 

 

例えば、締め切りの前日に仕事が全く終わっていなければ、
あなたは鬼の形相で(笑)仕事を片付けるのではないでしょうか?

 

 

その時の集中力と行動力たるや
優秀なビジネスマンも息を巻くほどでしょう(笑)

 

 

でも、締め切りが一か月後だと、


「あーあれね、まだ先だからいいよ」

 

という風になるのです(笑)

 

 

 

心あたり、ありますよね?

 

 

なければ心理学における例外に当たる人類だと思います(笑)

 

ほとんどの人が心当たりあるはずですから。

 

 

一カ月先の期日だけど、

コツコツやっていればあんなに
必死にならずに済むのに!

 

 

でもモチベーションが出ない。

 

 

だから、自分で「今日の期日」を作るのです。

 

 

一か月後にプレゼンが控えている。

 

じゃあ、今日までにこれを終わらせる。という風に決めるわけです。

 

 

 

もっとインスタントにするなら、
「一時間後」までの期日を決めてしまうといいです。

 

 

一時間後までにここまでやる

と、期日を細切れにしていきましょう。

 

 

これだと、外部からの圧力がないから、
モチベーションが高まらなそう……と思われるかもしれません。

 

おれは、人に怒られるのが嫌だから、という時しかモチベが出ないんだよ!と。

 

確かに、外部からのモチベーションがあるよりは、少し弱いですが、
それでも十分すぎるくらい、モチベは出ますよ。

 

 

だって、外部からのモチベって
「必死」になるくらいのモチベですよね?

 

 

そこまでいかなくても作業ってできます。

 

 

むしろ、必死になるまでやるとツライしキツイですよね。

 

 

そうならないで、
冷静に、リラックスして進められるということです

 

 

だから、「期日」「締め切り」を決めましょう。

 

 

できるだけ短い時間で区切って、です。

 

 

 

ぼくもブログを書くとき、5:30までにネタをまとめる。
6時までに下書きを完成させる。

みたいな感じで適当ですが、締め切りを作っています。

(このくらい適当でも効果があるのが凄いところ)

 

 

で、これですが、

 

ゲーム感覚でやるといいです。

 

 

自分との競争のような感じで、楽しみながらやる。

 

 

前より速くなったな、とか今日は調子いいぞ、
というのもわかるようになります

 

 

結構楽しいですよ。

 

 

最初は紙に締め切りを書いておくといいです。

 

 

何時までに終わらせるときちんと書く。

 

慣れてきたら紙に書かず、声に出すだけでいいです。

さらに慣れたら、頭の中だけで。

 

 

 

こういう感じにステップを踏むといいですね。

 

 

慣れてきたら、やるべきことがあれば
パッと期限を決めてしまいましょう。

 

今の時間は空いてるから、10分でそれを終わらせる。

 

 

そう決めると人はモチベーションが高まります。

 

 

そして、パッとやれるようになるわけです。

 

 

ちなみにこれ、実際にある心理学効果で、

 

「締め切り効果」

 

と言います。

そのままですが(笑)

 

締め切りを作ると、モチベーションや集中力が高まるという効果ですね。

 

 

で、この締め切りはできるだけ守れるようにしましょう。

 

 

細かく分割した方がいいですけど、
その細かい時間内に終わらせられるようにしましょう。

 

後悔や自己批判はモチベを下げるので……。

 

それでも、もし終わらなかったら、
次の締め切りをパッと用意して、
「あー守れなかった……」と思うのではなく「忘れてください」(笑)

その理由はこちらの記事を見てくださいね。

 

 

 

 

ということで、ぜひすぐやってくださいね。

 

 

ここまで読んでくれたあなたに、
ぼくからの締め切り効果のプレゼントです(笑)

 

 

10分以内に、締め切り効果を使って
終わらせたい課題を決めてください。

 

また、その締め切りも決めてみてください。

 

 

今すぐできる状態なら、
今すぐそれを始めてみてください。

 

 

ぼくのブログを10分以内に一つ読むとか(笑)

 

あとは、本を10ページ、10分以内に読むとか。
返信しなきゃいけないメール一通返信するとか。

そういうことです。

 

 

もちろん、「遊び感覚」でやってみてくださいね。

心理学効果で遊ぶんです。面白いですよ。

 

ぜひ、締め切り効果を使って遊んでみてください。

 

 

 

結構面白いと思いますし、すぐやれば覚えられます。

 

覚えられれば、これからも使って成果を出したり、
楽しめるので、ぜひやってみてください。

 

 

では。

 

 

 

 

他の行動マネジメントを学ぶのに「締め切り」を用意してみませんか?

 

→勉強も筋トレも何もしなくていい! まずやるべき事とは?

 

→インスタントにやる気を出して行動する方法

 

→科学ってなんですごいの?

 

 

→20日間で行動できるようになる、メール講座もやってます。無料です。

 

 

 

 

もし記事が面白ければ下のバナーをクリックしてくれるととても喜びます!!

 

     
セルフコントロール ブログランキングへ     

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 

あらゆる成功の器――「行動力」を付ける「科学的」な方法。
たったの20日で「行動力」が付く「無料」オンライン講座

「やる気が出ない」「自信が欲しい」「仕事を効率化したい」……。

でも中々うまくいかない。

周りの人は「努力が足りない」「頑張れよ」ということばかり。 努力はすでにしてるのに……。

彼らが言う、「根性論」で「行動力」はほとんどつきません。

じゃあどうするか?  あなたの体の流れや働きをそのまま利用してやればいいんです!

人間の「心理」「体」「脳」に基づいた方法で、
あなたのやる気を引き出し、周囲の人がうらやむ「行動力」をつけませんか?

今なら無料です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。