何故、部屋が汚いと「効率」が下がるだけでなく、「行動」できなくなるのか?

 

 

どうもフジタです。こんばんは。

 

 

少し前、友人と話していたら、こんなことを言われました。

 

「仕事をしてるといつも書類の場所とか忘れちゃって探すんだよね~。

 この前なんか、ホチキスとかどこ置いたっけとかもあったし、探しものが多くて困ってる~」

 

みたいな話を(笑)

 

 

彼女は仕事が他の人よりも遅いことで

悩んでいるようなのですが、一つの要因は明らかにそれです(笑)

 

 

 

効率が悪いのと、

やるべき行動ができず、他のことをやってしまうこと

 

この二つについて悩んでいるそうです。

 

 

 

ぼくは彼女に嫌われたくないので、

出来る限り慎重に話を聞いて行きました(可愛いんですよね)。

 

 

その結果もあって、原因はわかりました。

 

 

彼女はデスクワークの仕事なのですが、

デスク周りの状況がどうやら酷いようです。

 

 

結構自由な職場なので、机の上に

私物などがあって汚いのだと……

 

 

こーゆー場合、仕事が中々進まない、

やるべき行動ができなくて、

他の行動をしてしまうということは

 

「定位置管理」

 

によって解決します。

 

 

デスクワークだとあまりやらないかもしれませんが、

店舗運営の仕事などチームが介在する時は結構やる手法です。

 

 

そして、行動マネジメントの本場である

アメリカではかなり用いられる基本的な方法です。

 

 

 

定位置管理とは名前のごとく、

ペンはここに置く、ホチキスはここ。

 

このタイプの書類はここに置く、

という

 

「物を置く場所のルールを作っておく」

 

と言うことです。

 

もちろん、仕事に関係のない私物は排除します

 

 

こうすると、物を一々探したりせずに済みます

 

 

すると効率が良くなります。

さらに、「誘惑」が減るのでやるべきことをできるようになります。

 

 

逆に汚いままだと、効率は下がります。

 

下がりますし、探し物にやる気を使ってしまって

結局仕事自体が出来ないという本末転倒な事態に陥ります(笑)

 

「ここでもない、あーここにもない。

 どこやったんだよ……イライラ」みたいな。

 

しかもそれが一々ありますからね(笑)

 

 

「じゃあどうやるのか?」

 

やり方はカンタン。

 

自分の使いやすいようにデスク周りを

整理してモノを置く場所をまず決めます。

(目的に必要ないものはしまいましょう)

 

 

 

次に、その理想の状態を写真に撮っておきましょう。

 

プリントアウトするとなお良いです。

 

 

 

常に写真の状態になるようにすれば、

汚くなることもないですし、使い勝手もいいです。

 

それに理想の状態が写真として残っているので、

どう片付けていいのか迷わない。

 

だから、片づけに必要な

「エネルギー」も少なくなります。

 

片付けってやり始めるのが面倒くさいじゃないですか。

それが非常に楽になるんですよね。

 

 

 

そして相談してくれた彼女なのですが、実は家も汚いらしいのです。

女の子の自己申告なのでどのくらいかは不明ですが(笑)

 

 

「家でTOEICの勉強したいんだけど、テレビ見ちゃってできないんだよね。

 やる気になっても、参考書とノート探すと疲れてやっぱりテレビ見ちゃう(笑)」

 

らしいです。

 

人間は「めんどくさい」ものが

少しでもあると「行動」できない生き物です。

 

 

だから部屋が汚いと行動できない。

 

逆にキレイだと行動できてしまいます。

 

こういう経験ありませんか?

 

家だと勉強できないけど、図書館やカフェだと勉強できるってこと。

 

 

それと同じです。

 

 

家を「定位置管理」によって図書館と

カフェのように「行動」に適した場所にすればいいんです。

 

 

 

テレビのリモコンはここに必ず置く、

鍵はここに置く、参考書はここ。

 

という感じに「今やりたいこと」に適した環境にしましょう。

やり方はオフィスの場合と同じです。

 

 

 で、彼女のようにどうしてもテレビを

見てしまうという悩みをどうやって解決するか?

 

 

テレビを見すぎるというのは、本当に多くの人が悩んでいます。

 

 

思い出して欲しいのですが、

テレビは多くの人が「無意識的に」付けてしまいますよね。

 

 

なんとなく座ったら、なんとなくリモコンに触って、

なんとなくつけてしまったら、やるべきことができなかった。

 

 

定位置管理をすることで、

カンタンにそれを解決することができます。

 

 

 

つまり、リモコンの位置をちゃんと決めて、

そこに必ず置いておくと、

リモコンを取ったことが意識的になるのです

 

 

そこに行ったとき

 

「あっ、今自分はテレビをつけようとしている!」

 

と気付けるようになるわけですね。

 

 

これだけでも、かなりマシになります。

 

 

さらに言うといつも座る場所に

リモコンを置かないともっといいです。

 

 

取るのが面倒くさい場所とかだともっといいですね。

(参考:めんどうくさがりを利用してテレビ絶ちをする!?)

 

 

人は環境に左右される生き物です。

 

 

 

環境によってより怠惰にされてしまうこともありますし、

より勤勉になることもあります。

 

 

ぼくの友人は、これによって

「だいぶマシになった!」と言ってくれました。

 

今ではスムーズに仕事をして、家ではTOEICの勉強に励んでいるそうです。 

 

 

 

ぜひ定位置管理、やってみてください。

 

カンタンな割に、かなりの効果がありますよ。

 

 

 

 

もしいいと思ったら、

できれば今すぐやってくださいね(笑)

 

 

人は今すぐやらないと忘れますから。

 

 

では今日はこのへんで。

 

 

もし記事が面白ければ下のバナーをクリックしてくれるととても喜びます!!

 


セルフコントロール ブログランキングへ

あらゆる成功の器――「行動力」を付ける「科学的」な方法。
たったの20日で「行動力」が付く「無料」オンライン講座

「やる気が出ない」「自信が欲しい」「仕事を効率化したい」……。

でも中々うまくいかない。

周りの人は「努力が足りない」「頑張れよ」ということばかり。 努力はすでにしてるのに……。

彼らが言う、「根性論」で「行動力」はほとんどつきません。

じゃあどうするか?  あなたの体の流れや働きをそのまま利用してやればいいんです!

人間の「心理」「体」「脳」に基づいた方法で、
あなたのやる気を引き出し、周囲の人がうらやむ「行動力」をつけませんか?

今なら無料です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。