常識が覆る!世界で一番効果的なストレス解消法とは?

うも、「24時間ぶっ続けのゲーム」という間違ったストレス解消法を行っていた男、フジタ(@shunsuke4fujita)です。

(→お前だれ?という人はプロフィールまで)

 

ストレス管理って大変ですよね。
日本では、多くの人がストレスに悩んでいます。

 

そして、大体の人は間違ったストレスの解消法を行っていて、自分の心を追い詰めています。
でも、「どのストレス解消法をやればいいんだ?」と悩んでいる人も多いと思います。

 

なので今回は効果的でかつ、「最高の」ストレスの解消法についてお話します。

 

その最高のストレス解消法とは、ストレスの悪い影響をなくすだけでなく、ストレスから良い影響を手に入れる方法です。

世の中ではストレスの悪い影響を減らそうというお話が良くありますが、いくら減らしてもマイナスがプラスになることはありません。
それにいくら小さいマイナスでも、重なっていけばいずれは大きな影響になります。

 

(だから減らす方法「だけ」を教えている人は「馬鹿なんじゃないか?」といつも思ってます。異論は認める)

 

今回のお話を聞けば、ストレスの辛い思いがなくなって解放的な気分を味わえるだけでなく、ストレスが与えられるたびに心が健康になり、脳が成長するようになります。

シンプルな割に効果は絶大ですし、方法は科学研究をもとにしているため、かなり確実に効果が出ます。 ぜひ見て行ってくださいね。

1.最強のストレス解消法

まずお聞きしたいのですが、「ストレスは体に悪いもの」ですよね?

 

風邪、心臓病、精神病……あらゆる病気を引き起こすということは誰しもが知っていることだと思います。

 

と!

言いたいところなのですが……実は最近の研究によれば、

 

「ストレスが体に悪い」は全くもって根拠がない大嘘

 

だったということがわかっています。

 

すみません話盛りました。嘘です。許して。

実際には「条件次第でストレスは体に良くできる」が本当です。

 

まあこれでも信じられないと思います。

 

その事実を裏付ける研究では、3万人の成人に対して8年間の調査を行いまいした。

この結果、ストレスを感じていた人は普通の人よりも43%ほど死亡する可能性が高かったという結果が出ました。

 

 

心配性MEN
おい!ストレス体に悪いじゃねーか!

確かにこの結果だけであれば、ストレスは体に驚異的な害であると思うでしょう。

 

 

でもこの研究には続きがあります。

 

この結果は「ストレスは体に悪い」と信じていた人だけに出たものでした。

 

逆にストレスは健康に悪いと思っていなかった人は、ひどいストレスを感じていたとしても死亡リスクが低いままでした。
それどころか、「あまりストレスを感じていない」人たちよりも少なかったのです。

 

この研究から、科学者たちは

ストレスが体に悪い理由は、体に悪いと信じていたから

だと結論付けました。

 

ストレスに対する思い込み次第で、ストレスの影響は変えられるんです。

 

ちなみに、このストレスに対する思い込みで死亡する人は年間2万人を超えており、皮膚がんやAIDS、殺人よりも多いことがわかっています。

 

つまり、ストレスに対処する最強の方法とは、「ストレスには意味がある」というように考え方を変えることです。

 

 

ストレスの影響を0にするどころか、プラスにしてしまうことができます。

 

1-1.マインドセット効果

ストレスに対する考え方によって、体に対する影響が違うことは「マインドセット(思い込み)効果」と言われ、健康心理学者のケリー・マクゴニガルが提唱しています。

 

マインドセット効果を働かせると、寿命が延び、頭が良くなり、精神・体の健康状態が良くなっていったり、免疫力が上がったり、様々な効果があります。

 

さらに言うと、定期的な運動、徹底した栄養管理、酒やタバコなど悪い習慣を断つと言った健康的な習慣を持っている人たちよりも寿命が延びます。

 

調査では、「年を取る」というストレスを「自分の可能性が開ける」という風に前向きに考えていた人は寿命が平均7.6年ほど伸びることがわかっています。
健康習慣は徹底的にやったとしても大体4年ほどしか寿命が延びません。

 

努力せず、そう思うだけでこうなると言うのは凄いですよね。

 

 

また、寿命が延びると言うのは、健康的ということでもあります。
健康だと脳や体の働きが良くなり、自信がついたり、頭の回転が良くなったり、記憶力が上がったりします。

ぼくはブロガーの皆さんにやる気を出す方法などをお話していますが、そういう人ならより良い記事を書いてPVを上げたり、お金を稼げたりするわけですね。

1-2.根性論じゃないよ!

心配性MEN
これって根性論じゃね?ネガティブな奴には使えないだろ

 

大丈夫です。

 

ぼくも元々めちゃくちゃネガティブな人間でした。
学生のころは、社会に出てもろくに働けなくて、うつになって死ぬ運命なんだろうなーと毎日思っていた人間です。

実際にうつにもなりました。

 

でも、考え方は変わりました。
おかげさまで今ではかなりポジティブな人間となっております(笑)

 

何故変わったかと言うと、考え方を変えるためのエクササイズをやったからです。
それを「マインドセット(思い込みへの)介入」と言うんですが、ここから先はその方法をいくつか紹介します。

 

その方法はあなたに合うものを一つだけやっていただければ構いません。
ただ、複数個やればやるほど効果は出てきます。

 

余裕があればいくつか試してみてください。

 

2.考え方を変える方法4つ

2-1.ストレスをやる気に変える3つのステップ

今からお話する3つのステップをやれば、あなたはストレスを解消して開放的な気分になるのはもちろん、やる気や集中力までが湧いてきます。

これ、アリア・クラムの3ステップと言うのですが、使えるのでぜひやってみましょう。

 

①ストレスを見つめる

 

まず、ストレスに気付かなければ、ストレスはうまく扱えません。

あなたは最近どういうことにストレスを感じましたか?
イライラしたり、不安になったり、自己嫌悪をしてしまったことを思い出してください。

 

そして、そのストレスで自分の体にはどういう影響が出たのか思い出してみてください。
汗をかいているとか、心臓の鼓動が速くなっているとか、そわそわし始めたとかですね。

 

②自分の大切なものは何か考える

ストレスを感じている時というのは、あなたの大事な物が脅かされている時です。

好きな女の子が馬鹿にされていたら腹立ちますよね?

 

キエエエエ許さんぞーーーー!みたいな感じで。

それは大事な人だからです。そうでなければ、ぼくらはなんの反応もしません。

 

そもそも興味を抱かないんです。

 

これ、本当に重要な事実で、ストレスによってあなたの大事なものや望みがわかります。

 

「自分の大事な物はなんなのか?」「何故それが大事なのか?」を考えてください。

 

③このストレスを利用して何ができるか考える

 

ストレスはエネルギーです。

 

ストレスを感じると怒り、不安、恐怖などの感情が出てきますよね。
そうすると心臓がバクバクと早鐘を打ちますが、それは全身にエネルギーを送っているんです。

 

そのエネルギーを使って、大切なものをどうやって守るか考えてください。

 

ぼくの場合は人と話している時興味なさそうにされたり、適当な返事をされると凄くイライラします。
器が小さくてめっちゃ恥ずかしい話なんですが、ここから考えるにぼくの大切な物は「自分の価値」であるようです。

 

ぼくはADHDがあり、人に比べて色んなことができませんでした。
だから、それを隠すように体が反応しているわけです。

 

なので、その「自分の価値」をどうやって守るか考えました。

 

その結果が行動力を鍛えることです。
まずは自分の効率を高め、様々な知識と経験を獲得しようと思ったんですね。

 

最終目的にはまだまだ遠いですが、結果的に自分の価値は上がったと感じています。
何せ、昔は人に教えるものがなかったですから(笑)

 

まあ僕の話はどうでもいいんですが、このように何をするか決めて、ストレスを行動力に変換してください。

 

これ、めっっっっっっちゃ使えるので。

 

できればストレスを感じるたびにやってください。
そのたびに自分の大事なものを次々見つけられますし、それを守るための勇気が湧いてきますから。

 

2-2.価値観日記

writing

あなたの大事な価値観について、今日一日何をしたか?

 

これについての記録を取るだけで、様々な効果があります。

 

短期的には自信が高まり、落ち着きを取り戻し、心の回復力が高まり、悩みが減るとされます。 
長期的には、精神の健康状態が向上し、病気にかかりづらくなり、学生であれば成績が向上しました。

 

やり方としては、「自分の一番大事な価値観は何か?」ということを紙に書いてから、「その価値観のために今日どんなことをやったのか?」ということを書くだけです。

 

これ、やった瞬間から効果が出ますし、続ければ続けるほど、雪だるま式に効果が増大します。

 

例えば、こういったように書きましょう。

 


自由でありたい(価値観)→自分のビジネスを構築するためのブログ記事を書いた。

 

これをやると自分が困難に立ち向かって行動したことが目で見てわかります。自分はストレスがあっても、努力できるし、立ち向かえると思えるんですね。

 

 

ちなみにぼくは一日のスケジュールをエクセルで作っていますが、一番下に価値観について書く覧を作ってます。
もしよければぜひ、使ってあげてください。

→デイリースケジュール

2-3.回復の物語~レストラクティブ・ナラティブ~

他人の物語を使って、心の回復力を得ることができるというテクニックです。

例えば、尊敬する先輩がどうやって辛い時期を乗り越え、今に至ったのか?
そういう話を聞くと良いです。

もちろん、聞く相手は親、友だちでもいいです。
本やセミナー、ブログ記事や映画、マンガなどでも、物語であればなんでもかまいません。

 

それを聞いて、「人は変われるんだな」とか、「頑張ればできるようになるんだな」と思えたら、「自分に当てはめて」みてください。

心配性MEN
自分も同じように変われるんだ!努力すればなんとかなる!

 

すると、実際に自分が立ち直ったと脳が勘違いします(笑)
ストレスから立ち直る力をもらうことができるみたいなんですね。

また、その物語の感想を書いてみたり、人に話してみるとさらに効果が高まりますので、ぜひ友だちに話してみてください。

 

結構ぼくのブログを読んでくれる方は読書家だったり、ぼくと同じでアニメ好きだったりしますので、機会も多いと思います

ちなみにぼくのオススメはこのアニメです。もし見た方がいればメールください。語りましょう(笑)
→コードギアス 反逆のルルーシュ

2-4.人を助ける

嫌なことがあったら人を助けてみてください。一瞬で嫌なことが回復します。

 

実は「人を助ける」ことによる心への影響は非常に強いもので、テロや災害というトラウマレベルのストレスですら回復することがわかっています。

実際にテロや災害では多くの人が心を病みましたが、その中で健康でいられた人は進んで人を助けていたんですね。

 

また、仕事の効率もめちゃくちゃ良くなります。

 

人を助けると良い気分になりますよね?

この状態では、オキシトシン、ドーパミン、セロトニンなどと様々な良いホルモンが分泌され、満足感・やる気・頭の回転が向上します。
そのせいで、人を助けた分の時間を余裕で取り戻せるほど効率が良くなります。

ただ、「自分を犠牲にするまで人を助ける」レベルのやりすぎにはならないようにしましょうね。

 

3.実践してみた

 

ストレスを力に変えるマインドセット介入で、面白いものがあります。

それがストレスを感じた時に、それを「嬉しそうに言ってみる」ということです。

 

これ、ぼくもやってみました。

例えば、

フジタ
うわ、マジストレス溜まるわあ↑↑
フジタ
やべえ初めてやることで不安だわあ↑↑

 

これ、超馬鹿みたいですよね!?

人前でやると「頭おかしくなったか」と思われるかもしれませんが……(笑)

 

ちなみにぼくは、仲が良い女の子の前でこれをやったところめちゃくちゃ引かれました。

それでめちゃくちゃ傷つきましたので、かなり脳が成長したと思います!ありがとうございます!(※マゾちゃうわ!!!)

 

……まあこの話は置いておいて、やってみると何かしたくなるんで、やってみると良いと思います。
まずは誰もいないところで(笑)

4.まとめ

 

今回お話したことは非常にシンプルです。

 

ストレスは体に悪い影響を与えることもあるし、良い影響を与えることもあるということ。
良い影響を引き出すには、考え方を変えること。

 

そのために一番重要なことは「ストレスに意味を見出していくこと」ですので覚えておいてください。

そして、意味を見つける方法はマインドセット介入のいずれかか、複数個をやっていただければOKです。

 

ただ、一つ注意があります。

ストレスを0にしようとしたり、我慢しようとは思わないで欲しいんです。

 

もちろん、一部だけなら避けたり、我慢しても良いです。
でもやりすぎると不幸せになります。

 

実際に投資などでお金が余りすぎて、毎日何もしないで暮らしている人は強い怒りの感情を常に抱えています。屈辱感も。
鬱になる可能性も40%ほど高くなると言われています。

 

ストレスは無視するものではありません。

認識し、うまく付き合っていくものです。

なので、ぜひ、マインドセット介入を行って、ストレスと仲良くなっていってください。

 

それが成功や、人生の質を上げることに繋がりますから。

 

5.参考文献

スタンフォードのストレスを力に変える教室

Rethinking Stress: The Role of Mindsets in Determining the Stress Response

Affect Labeling Disrupts Amygdala Activity in Response to Affective Stimuli

 

宣伝です(笑)よければ読んでください!

↓マインドセット介入を習慣化する方法を学んでいってください↓

これだけでブログを続けることができる!習慣化の科学的コツ

2017.02.16

↓自信をつける方法があります。ストレスを減らすことが可能です↓

とにかく簡単すぎる!2分で自分に自信をつける科学的な方法

2017.01.05

↓スキルが急上昇する「超効率的な努力の方法」を学びませんか?こちらの記事に書いています↓

ダメな自分を変えたい!確実に素早く変われる能力向上法

2016.12.21

↓不安を減らしたり、自己肯定感を高める方法も試してみて、より楽観的な気分で生きませんか?こちらの記事に書いています↓

あなたは失敗した時、こんな間違ったことをしていませんか?

2016.11.13

 

あらゆる成功の器――「行動力」を付ける「科学的」な方法。
たったの20日で「行動力」が付く「無料」オンライン講座

「やる気が出ない」「自信が欲しい」「仕事を効率化したい」……。

でも中々うまくいかない。

周りの人は「努力が足りない」「頑張れよ」ということばかり。 努力はすでにしてるのに……。

彼らが言う、「根性論」で「行動力」はほとんどつきません。

じゃあどうするか?  あなたの体の流れや働きをそのまま利用してやればいいんです!

人間の「心理」「体」「脳」に基づいた方法で、
あなたのやる気を引き出し、周囲の人がうらやむ「行動力」をつけませんか?

今なら無料です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。