何故、尊敬できる人を持つだけで行動できるのか?

 

※今日はちょっと怖いお話ですよ。

 

どうもフジタです。

 

 

 

「行動管理」を教えるものとして、

最近思ったことがあります。

 

 

 

 

「充実した人間関係を持つ人は

 行動力がやっぱり高いな」

 

ということです。

 

 

 

充実した人間関係があると、行動力が高まる。

 

これは人を観察してみるとわかります。

 

 

逆も言えて、

 

「行動力があると

 人間関係が充実する」

 

ということでもあります。

 

 

 

要はどちらも相互に関わっている。

 

 

もちろん、行動力というのは人生における

「成功」全ての土台ですから

当たり前っちゃあ当たり前なんですけどね。

 

 

 

ただ、逆に悪循環を生んでいる人というのは、

人間関係も酷いし、行動力もない。

 

自分を変えてくれる出会いもないので、行動力も高まらない。

行動力がないので、自分を変える出会いなんてあるはずない。

 

 

というキッツい現実が待ってるわけです。

 

 

できれば、この状態には入りたくないですよね?

現在進行形でここに入っていたら、抜け出したいですよね?

 

 

この最悪のループから抜け出すには

どうしたらいいかっていうと、一つカンタンな手段があります。

 

 

「尊敬できる上司やメンター

 (師匠のようなもの)

 を身近に見つけること」

 

です。

 

 

何故ならば、

 

「尊敬できる人の指示やアドバイス

 というのは、行動させる力が強いから」

 

なんです。

 

 

これは心理学者のスタンレー・ミルグラムの実験からわかります。

 

※ここからちょっと怖い話をします。

 

 

ミルグラムは、様々な一般人を集めある実験を行いました。

 

被験者を集める広告にはこう載ってます。

 

「我々は人々の記憶をよくするため研究をしています。

 だって、記憶力は成功への鍵でしょう?」

 

被験者は2人一組で実験に参加します。

 

一人は教師として、一人は生徒。

 

生徒はもう一つの部屋で電気ショックの装置に縛られます。

 

 

この実験の主催者のミルグラム教授は

白衣を着て、「教師」に言います。

 

「あなたの役目は生徒に問題を出すこと。

 電気ショックが与える記憶力への影響を見ます。

 

 正しければ報酬を与え、

 間違えれば電気ショックのボタンを押してください。

 最初のボタンは15ボルトだから、彼は何も感じないでしょう」

 

 どうやら、報酬と罰が記憶力にどう影響を与えるかの実験のようです。

 

ちなみに間違える度に電圧は15ボルトずつ

上がっていき、最終的には450ボルトになります。

 

 

 

ここで質問なのですが、

もしあなたが教師役だったら、

450ボルトまで電圧を上げますか?

 

 

450ボルトと言えば、体が火あぶりに合うくらいには激痛ですし、

普通に感電死の危険性があります。

 

 

多分、あなたはしないと答えるでしょう。

普通の人ならそうです。

 

 

結果はどうなったのでしょう?

 

……ではこの実験の続きについてお話します。

 

 

 

最初のうち、テストは順調に進みます。

ショックは不快ですが、耐えられないほどではありません。

 

しかし、段々と電圧が上がると、

痛みによって間違える回数が増え、どんどん痛みが増していきます。

 

 

120ボルトに達すると、「生徒」は

 

「冗談抜きでショックがきつくなってきた」

 

と言います。

 

しかし「教師」は間違えた「生徒」に罰を与え続けます。

 

 

次のレベルのショックで生徒は

 

「もうたくさんだ、ここから出せ!

 お願いだから出してくれ!」

 

と叫びます。

 

 

「教師」がまともな神経をしている人間であれば、

解放してくれると思うでしょうが……、

教師は意に介さず問題を出し続けました。

 

どんどん電圧は強くなり、

生徒はのたうち回って金切り声をあげ始めました。

 

 

しかし、テストは続きます。

 

生徒はショックが強すぎて

 

「問題に答えるのは無理だ、

 これ以上は回答しない」

 

と教師に叫びます。

 

しかし、教師は答えないことも

間違いだと判断してどんどん電圧を上げて行きます。

 

生徒が、

 

「心臓がおかしい、ここから出してくれ!

 心臓病を持ってるんだ!やめてくれ!」

 

と主張しても、電圧は上がっていきます。

 

 

 

375ボルトには「危険」と書いていますが、

結果は三分の二以上の人間が450ボルトまで電圧を上げました

 

 

被験者は1000人いましたから、

600人以上が人を殺すレベルの電圧を何の罪もない人間にかけたんです。

 

 

1000人中600人は人を殺すかもしれない選択をしたわけです。

 

 

 

…………これと、「行動力」が何故関わるのか疑問でしょうか(笑)

 

 

 

そうですよね(笑)

 

でも大丈夫です、説明します。

 

 

 

 

この実験、お気づきでしょうが、

「記憶力」に関する実験ではありません。

 

それは研究者側の嘘です。

 

 

そして、教師役の被験者がサイコパス的な

頭のおかしいクレイジーな人間だったわけでもありません。

 

 

そういう人間も1000人中1人くらいは

いたかもしれませんが、基本は普通の人たちでした。

 

 

じゃあ何故彼らはこのように

450ボルトまで電圧を上げたのでしょう?

 

 

 

それは今回の研究の主催者である白衣の教授、

スタンレー・ミルグラムに

 

「続けろ、と命令されていたから」

 

です。

 

 

この実験は、普通の人間が「偉い人」に命令されるだけで、

どれだけ悪いことができるか確かめた実験なんです。

 

 

 

命令されただけでこのように

服従してしまうものなのか、というとそうなんです。

 

 

 

人間には

 

立場的に上の人間に盲目的に

従ってしまう性質があります。

 

 

 

上の人の言うことは、

 

「正しいからやるべきだ」

 

と疑問を持たず行動してしまいます。

 

 

まあ、上の人間というのは基本的に優れた知識と

権力・力を持ってますから、理には適ってますよね。

 

 

これを「権威への服従」と言いますが、

人々が予想するより、はるかに強力な力です。

 

 

だって、人を殺すかもしれない選択を強制させることができるんですよ?

 

あなたは

「いーや、おれはやらないね」

と思うかもしれませんが、普通の人であればしたがってしまう。

 

怖くて、恐ろしい力ですが、実は有効利用することもできます。

 

 

こういう道具は使い方次第です。

 

自分の行動に利用しましょう。

 

 

 

それが「尊敬できる人」を作りましょうということなんですね。

 

 

尊敬できる人、というのは少なくとも

なんらかの能力が自分より上ということですよね?

 

だからこそ、尊敬できる。

 (上司だとしても尊敬できないと従いたくないと

 思うこともあるので、あくまで心から尊敬できる人にしましょう)

 

この心理学的効果が働くので、そういう人の

意見やアドバイスには行動させるパワーがあります。

 

 

あなたを後押し……というか強い「強制力」があるので、

行動するためのエネルギーが非常に少なくて済むんですね。

 

この「尊敬できる人」は身近な人の方が良いですが、

その人の言葉を勉強できるなら、ネット上の人やテレビ、本の中の人とかでも良いです。

 

なんだったら、映画や漫画に出てくる人でもいいですよ(笑)

 

ワンピースのルフィの行動力を見習うとか(笑)

 

 

 

 

 

もし、あなたが自分だけで行動できないと思うのなら、

尊敬できる人を見つけておくといいです。

 

 

もちろん、あなたが元々「行動できる」人で

あっても、この効果は強いですけどね。

 

 

 

そして、行動力を付けていき、より良い人間関係、

さらには成功を掴みましょう。

 

筋トレや掃除と言った小さな目標から、

結婚や昇進、起業などの大きな成功までなんでもできます。

 

 

 

行動力は全ての成功の土台ですからね。

 

 だからこそ、ぜひやってみてくださいね。

 

 

 

 

…………ちなみに(小声で)。

 

ぼくは依然、陰キャラ、根暗、コミュ障、オタクなどの

素晴らしい要素を兼ね備えていたので、

身近に尊敬できる人というのは全くいませんでした(笑)とても恥ずかしい(笑)

 

 

でも、変わり始めたのは、ネット上の尊敬できる人達を見つけてからです。

その人たちの力強い考え方や知識、物語を吸収して、こういう活動をできるようにもなりました。

 

なので、まずはネットからでもいいと思います。

本当に尊敬できる人を探してくださいね。

 

では、今日はこのへんで。

 

 

 

 

   もし記事が面白かったら、↓のバナーをクリックしているととってもうれしいです!


セルフコントロール ブログランキングへ

あらゆる成功の器――「行動力」を付ける「科学的」な方法。
たったの20日で「行動力」が付く「無料」オンライン講座

「やる気が出ない」「自信が欲しい」「仕事を効率化したい」……。

でも中々うまくいかない。

周りの人は「努力が足りない」「頑張れよ」ということばかり。 努力はすでにしてるのに……。

彼らが言う、「根性論」で「行動力」はほとんどつきません。

じゃあどうするか?  あなたの体の流れや働きをそのまま利用してやればいいんです!

人間の「心理」「体」「脳」に基づいた方法で、
あなたのやる気を引き出し、周囲の人がうらやむ「行動力」をつけませんか?

今なら無料です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。