「人の能力」の秘密と日本人のほとんどが送っている「事故待ち」の人生とは?

 

どうもフジタです。

 

「人の能力の秘密」を今回はお話します。

 

面白いですよね、人の能力って。

人によって本当に全然違う。

 

特に面白いのが、能力というのは「一つの能力」
で決まるわけじゃないということです。

 

例えばバスケットボール選手。

身長が2メートルあれば、他の選手よりかなり有利ですよね?

 

はい、確かにその通りです。

でも、それだけじゃないというのはわかると思います。

 

バスケの世界最高峰、NBAリーグでは
マグジー・ボーグスという身長160センチのプレイヤーがいました。

 

ぼくは162センチとかなり低身長なんですが、それよりも低い(笑)

 

でも彼はめちゃくちゃ凄くて、持ち前の低身長と
優れたテクニックで様々な
ファインプレーを繰り広げていました。

 

身長2メートル越えばかりの
選手たちの中で、です。

 

一回の試合の中で何度もゴールを決め、ゴールのアシストも。

 

確かにバスケにおいて身長というのは
結果に大きく影響する要素です。

 

しかし、それがなくても、
他の様々な能力・スキルがあれば負けずに戦えるんです。

 

じゃあ、ぼくらに関係が深い仕事の
能力であれば、どうでしょう?

 

 

例えばプレゼンスキルなら、

リサーチ能力、プレゼン作成能力、
そもそものプレゼンテーション能力などが必要です。

 

 

これらはさらに分解できて、例えばリサーチ能力なら、
ITスキルや、コミュニケーションスキル、インプットスキル、

 

ITスキルをさらに分解すると、google画像検索とか、有益な情報サイトの知識とか、
SNS検索の使い方を知っているか? あとは情報が出るまで粘れる根気とかね(笑)

こういうのがありますよね。

 

人から情報を集めるなら、コミュニケ―ションスキルが必要です。

 

人が自分のために時間を割いて教えてくれるようなコミュニケーションができるのか?

 

これは笑顔があるとか、愛想がよい、元気、魅力的、
相手に価値提供ができる、礼儀正しいとか、
あと色んな人に聞いて回る体力とか、あとは……まあ色々あります。

 

 

インプットスキルも重要ですよね。

情報を一度頭に入れておくとか、
メモに要点を書いておくとか(この要点を書けるのもスキル)、
はたまたボイスレコーダーを持っておくのか、
こういう情報の管理スキルも必要です。

 

リサーチ能力だけでも、これだけ出てきます。

適当に上げただけなのにも関わらず。

 

 

 

 

で、この

 

小さな要素一つ一つを全部掛け算していくと、
その人のプレゼン全体の能力になります。

 

 

プラス要素が多ければ多いほど、その仕事に関する能力は高いわけです。

 

 

逆に、マイナス要素が多いほど能力が低くなる。

 

 

人の能力というのは

 

「プラスの能力の積」

    +

「マイナス能力の積」

 

 

で算出できます。

大体ですがね。

 

 

能力が高い人というのは「完成された一つのスキル」を持っているというよりも、

「複数の小さなスキル」を持っているということが多いんですね。

 

 

まあそれが「一つのずば抜けたスキル」に見えることが多いんですが。

 

 

 

逆に、

能力が低い人と言うのは
「何かが決定的に悪い」
わけじゃない場合が多いです。

 

大体は「一つ一つの小さなマイナス要素」が多くなってしまっているんです。

 

 

例えば、「人よりちょっと風邪を引きやすい」とか。

 

こういうのもマイナス要素です。

 

「パソコンが苦手」とかもそうです。

 

 

身長が低い、体力が人よりない、風邪を引きやすい、滑舌が悪い、
鼻炎もち、アトピー、緊張しやすい、人より睡眠時間が長い、
金がない、集中力が人よりない、行動力が低い、とかとか。

 

 

 

こういうのは絡まった
毛糸のようなもので、
多いほど能力を下げます。

 

身長が低い、という要素や滑舌が悪いという一見関係なさそうな要素でもそれが

「自信」の低下に繋がることで、「おれなんかやってもダメだ」と思い、

「行動」しなくなると能力は下がりますよね?

 

だからマイナス要素になるのです。

 

 

しかし、これは一つの救いでもあります。

 

だって、一つ一つは小さいんですよ?

ということは、一つに集中すれば結構カンタンに直せるというわけです。

 

「身長が低い」は基本治すことは不可能なので、そういう場合は

一つ一つ、プラス要素を増やしてマイナス要素を上回るようにする。

 

 

 

いますよね、めちゃくちゃ仕事もできて、金も持ってるけど、超絶性格悪い奴。

 

 

あれはマイナス要素がプラス要素で打ち消された典型です。

 

 

 

 

でもやらないとどうなるか? 

 

このマイナス要素をただただ放っておくと、

いつか事故が起きます。

 

 

能力にマイナス要素が増えると、最初は緩やかに
不幸になっていきますが、どんどん加速していきます。

 

逆もまた同じです。

成長する時は最初緩やかですが、どんどん加速します。

 

 

マイナス要素が積み重なり、

歳をとるとどんどん何もできなくなっていくんです。

 

 

いずれは「若い」というプラス要素さえなくなっていき、
もうどうしようもなくなる。

 

 

そういう感じ。

 

 

これが事故です。

 

 

もしくはこういうパターンもあります。

むしろこっちの方が多いかもしれません。

 

 

全体的に能力がプラスになっている人でも、
プラスがそんなに大きくないと、
人生の中で起きるなんらかの事故によって
急激にマイナスに転換することもあります。

 

 

 

外からの負荷ということです。

 

 

マイナスに傾いている人は余計にやばいですよね。

 

 

必ず人生に一度くらい事故は来ます。

 

 

事故というのは、彼女を妊娠させちゃうとか、
親が死ぬとか、病気になるとか、
リストラされるとか、挫折するとか、
こういうのが何かしら一度はゼッタイにくるわけですよね?

 

成長の度合いに比べて、負荷が多すぎるわけです。

 

 

一度は必ず来るのだったら、準備しなくちゃいけない。

 

 

だからこそ、今のうちにしこしこプラス要素を増やした方が良い。

 

 

負荷に耐えられる自分になりましょう。

 

行動すればなれます。

 

 

 

 

 

で、元々マイナス要素持ちっていう人もいるわけです。

 

 

物心ついたときまでに何をやっていたかでも

能力って差があるので、そういうこともあります。

 

 

逆にプラス要素持ちというのもいますよね。

天才とかね。

 

 

マイナス要素持ちの人たちっていうのは

放っておくと、大体ダメになります。

 

プラス要素持ちは放っておいても成功します。

 

 

 

ぼくは典型的なマイナス要素持ちでした。

 

ぼくのスペックは結構ひどいものです。

一つ一つは小さいんですけど、色々ありました。

 

 

ヘルペスウイルス、アトピー性皮膚炎、ADHD、どもり症、

ロングスリーパー(一日9時間より多く寝ないといけない人類)、

低IQ、低身長、デブ、バカ、根性ナシ、過去のいじめ……etc

 

これらが積み重なり、アルコール依存とうつ病に(笑)

 

 

まあ、ぼくのアトピーとか、ADHDとか、
うつとか、全部軽い症状だったのですが、
それでもものが結構多いためにどんどんダメになっていきました。

 

プラス要素もそうですが、マイナス要素というのは掛け算ですからね。

 

小さくても多ければ膨らんでいきます。

 

 

で、これに気付かず、意識せずにいるとどんどんダメになっていきます(笑)

 

 

気付いたらうつ病になって自殺しているかもしれません。

 

うつ病って恐ろしいものなんですよ。

 

ゼッタイおれは死なないって思っていた人でも、
うつになったらあっさり自殺します。

 

 

これは完全にぼくの推測ですが、人間はうつになると
自殺するようにプログラミングされているんだと思います。

 

ぼくは大学で生物学について勉強していたのですが、
細胞も同じふうに自殺するんです。

 

役に立たなくなった細胞は自殺したり、
周りにいじめられて自殺に追い込まれる。

もしくは殺される。

 

人間は苦しいから自殺するのか、自殺する状態が苦しいと感じるのか

明確なことはわかりませんが、ぼくは後者だと思います。

 

 

 

まあでも、こうなりたくはないですよね?

 

 

ぼくももうあんな思いは絶対にごめんです。

 

世界中が敵になったような感覚がして、
もう自分なんか生きていてもしょうがないと思うんですよ(笑)

 

こーいう取り返しがつかない状況になる前に、
行動マネジメントをして自分の能力を上げましょう。

 

必ず事故は起こります。

 

事故を待たないでください。

 

事故が起こっても大丈夫なように、準備する。

これが大事です。

 

でも多くの場合はそういうのって難しいですよね?

ゼッタイ来るんですけど、未来のことって想像しにくいから、
行動するのは難しいわけです。

 

 

だからこそ、自分の行動を「ほぼ自動的に」管理する技術である

「行動マネジメント」をやっていきましょう。

 

ぼくの他のブログ記事や、メルマガから学べますから。

 

 

では、今回はこれで。

 

おすすめ記事

→行動するのは大変ですよね? 行動しなくていいから、まずやるべきこと。

 

→インスタントにやる気を出して行動する方法

 

 

メルマガはこちらから登録! 無料です。

 

 

もし記事が面白ければ下のバナーをクリックしてくれるととても喜びます!!

 

     
セルフコントロール ブログランキングへ     

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 

 

あらゆる成功の器――「行動力」を付ける「科学的」な方法。
たったの20日で「行動力」が付く「無料」オンライン講座

「やる気が出ない」「自信が欲しい」「仕事を効率化したい」……。

でも中々うまくいかない。

周りの人は「努力が足りない」「頑張れよ」ということばかり。 努力はすでにしてるのに……。

彼らが言う、「根性論」で「行動力」はほとんどつきません。

じゃあどうするか?  あなたの体の流れや働きをそのまま利用してやればいいんです!

人間の「心理」「体」「脳」に基づいた方法で、
あなたのやる気を引き出し、周囲の人がうらやむ「行動力」をつけませんか?

今なら無料です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。